読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないときめきにマシンガンを

好きな事についてだらだらと

真夏の全国ツアー2016

自分は今年の全国ツアー
7/23 大阪 昼夜
8/6 名古屋
8/7 名古屋昼
8/13 仙台
8/14 仙台昼
8/18 福岡
8/19 福岡
8/28〜8/30 神宮バースデーライブ

率直に今年のツアーどうだった?と訊かれてもパッとこうだったって言葉が出てこないっていうのが正直なところ。

前回のブログでも言ったけど、今回のツアーは「挑戦」「イメージを壊す」と言った2015年追求してきた乃木坂らしさ以外の新たな一面をっていうのが大きいテーマだと思ってます。

やっと、僕の嫌いな変な出し物なしにツアーをやるようになったか!っていうのが最初の感想(ギガちゃんとか乃木恋とかありましたけど)

ユニットシャッフルに関しては、人気曲である「他の星から」だったり、当時のアンダー推しが思入れが強い「嫉妬の権利」だったり批判を覚悟の上での曲選だったのかなって思った。

僕は予てからユニットシャッフルして欲しかった人だから、このメンバーがこの曲をやるとこんな一面があるんだ!とかそういうのが見れて楽しかったです。

でも、やっぱりオリジナルメンバーには敵わないってのもやっぱり思った。(特に他の星からの万理華さん)

やっぱり、オリジナルの方がいいな!と思わせたらそれはそれで乃木坂の勝ちだと個人的には思ってます。

今回のツアーは赤チームと青チームに分かれたり、乃木恋企画で曲をやったり、例年のツアーと比べると全員でっていう色は強かったと思う。

この子ってこんなカッコいい踊りをやるんだ!とかこの子の振り大きくて好きだな!みたあたな新しい発見もあった。

この夏の全国ツアーは大阪から福岡までは桜井玲香ちゃんがいませんでした。

本当にいないと気づけないことって多くて。恥ずかしながら。

何時もの冒頭のMCとかこの曲のフレーズとかって色んな面で玲香ちゃんの存在の大きさを感じた。

そんな事を思ってたから、バースデーライブの時の玲香ちゃんを見てこれこれ!やっぱり玲香ちゃんがいないと!って思い知らされる事が多くて多くて。

彼女の大きな大きな穴を本当にみんなで埋めてたなぁ。MCにしてもパフォーマンスにしても。

何時もなら玲香ちゃんと一緒のフレーズなのに1人で歌ったり、不慣れなMCをやってみたり。

MCに関して言えば、毎度毎度違うメンバーがやったらいいんじゃないかなって思った。この機会に。正直力不足かなぁと思うメンバーもいたんですけど、それって余りにこれまで機会がなさすぎたかなっていうのもあると思うから。

今回のツアーで特に印象が強かったのが、生駒ちゃんと飛鳥ちゃん。

生駒ちゃんはMCは勿論歌割玲香ちゃんとの曲って結構あって。ずっと1人で歌ってて玲香ちゃんの帰りを待ってた。今回のツアーの座長である飛鳥ちゃんのサポートも。飛鳥ちゃんが言うように生駒ちゃんのタイミングって絶妙なんですよ。声のかけ方であったり、煽りだったり。

中田生誕での生駒ちゃんのおいでシャンプーの煽りは今回のツアーで結構印象に残ってる。

生駒ちゃんはサポート役に徹してた印象が凄い強かったんですけど、制服のマネキンなんかを見てると以前より凄みを増してる印象が強くてこの人は何時だって主役になれるなって思った。

それともう1人飛鳥ちゃん。

今回の地方のツアーを行ってる人であれば皆んな言うんじゃないかな。本当に本当に良くやってた、なんて言うと偉そうだけど、だって本当にやってたんだもん。

今回のツアーで終わりに必ず飛鳥ちゃんからの挨拶があって。それが生々しく凄い思い言葉。
これまでの彼女だったらこんなストレートに言葉を言ってなかったんじゃないかなぁ。そんな飛鳥ちゃんの言葉は今回のツアーを思い出すのにあたって必ず必要だと思ったから自分が入った公演は全て書き記した。それ位。

言うてまだ18歳だもん。凄いよ。

パフォーマンスにしても、僕が前を見てないだけかもしれないけど、以前より笑ってる飛鳥ちゃんをよく見るようになったと思う。

飛鳥ちゃんも自分で言ってたけど、飛鳥ちゃんが笑顔でいれば絶対に見てる側に楽しいは伝わるし、パワーが伝わると思った。

そんな飛鳥ちゃんを地方から見てきたから、神宮3日目の飛鳥ちゃんの涙を見て思わず泣いてしまった。

この夏で裸足でSummerが大好きな曲になった。

今回のツアーどうだった?って色んなメンバーから聞きたい。

僕は今回のツアーどうだった?って訊かれたらやっぱりうまく言葉にできないんだけどこれだけ間違いなく1つ言えるのがやっぱり乃木坂46が好きって事。

取り急ぎ。f:id:skyline05walking:20160831212759j:image