読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないときめきにマシンガンを

好きな事についてだらだらと

アイドル、贈り物

プレゼントとギフトどちらかをタイトルにするか迷ったけど厳密の違いについては

 

英語の「present」は、親しい人に贈る、愛情や友情など気持ちを込めた私的な贈り物。
「gift」は「present」よりもフォーマルな表現で、価値のある贈り物を意味し、天賦の才能という意味もある。
厳密に使い分けされている訳ではないが、「present」は同士もしくは目下から目上に贈る物、「gift」は目上から目下に贈る物に使われる。

 

結局、あんま変わらないそうなので迷ったあげくタイトルは贈り物にしました。

 

アイドルに贈り物を贈りたいと思う瞬間ってどんな時かなぁ。

 

かなり気持ち悪い話ではあるんですけど、応援しているアイドルの誕生日が最近あって贈り物をと思った時にふとそんな事を考えてしまいました。

 

誕生日?

 

なんかの記念日?

 

舞台が決まったとか何かが決まっておめでたい時?

 

アイドルに限らず、贈り物をを誰かに渡すにあたって松井玲奈さん、遠藤憲一さんが出演していた”gift”というか映画のある一節を思い出します。

 

「プレゼントってのはな。もらう方より、贈る方が幸せなんだよ」

 

劇中で遠藤憲一さんが松井玲奈さんにこう言います。

 

なんか、今になってもこの台詞は凄い心に残っててあゝなるほどなって。

 

素敵な映画なので気になった方は是非みてみてください。

f:id:skyline05walking:20170113122525j:image

 

話を戻すと、結局のところ、アイドルに贈り物を手紙を書いてる時もそうだと思いますけど、

結局、好きなアイドルに対してこれ渡すと喜んでくれるかなぁ、これ似合うだろうなぁとか考えてる時間がとても幸せなのであって、自分がアイドルに贈り物を贈ってるわけではなく、アイドルから逆に贈り物を貰ってるんですね。

 

あゝ辛い。

 

オタクって本当にちっぽけな存在だなって思うわけですよ。

 

与えて貰ってばっかり。

 

贈り物を贈りたいって気持ちは自分はこれだけ◯◯ちゃんの事を応援しているんだ!

っていう満足感を得たいだけなんですよ。

 

多分。

 

うん。病んでる。

 

だからさ、贈った事に対しての結果は伴わなくていいと思ってる。

 

だけど、せめて届いたよとか嘘でもいいから言ってほしいよね。

 

なんだろう、メルカリだとか質だとかいくらでも入れていいんだけどわからないようにしてほしいよね。

 

そこは恋愛と一緒。

 

人生で贈り物を贈りたい!と思える人って実はよくも考えたらかなり少なくて。

そう思える人に出会えただけ奇跡なんですよ。

 

と、やっぱりアイドルに与えて貰ってばっかりで贈り物を届けられず今日も病んでる。