自己満ブログ

好きな事についてだらだらと

東野圭吾著「マスカレード・ホテル」「マスカレード・イブ」感想

マスカレードシリーズ1作目であるマスカレード・ホテル。ある事件をきっかけに刑事がホテルで潜入するんだけど… この作品はとにかくここのキャラクターが魅力的。 刑事である新田とホテルマンである山岸。新田はエリートなんです。そして、人の動きを自分の頭で張り巡らせて読む能力が本当に凄い。だから、ホテルに来る色んな客の素性を探って兎に角事件を解決しようと動きます。山岸は山岸でとても優秀なホテルマン。ホテルマンが故にお客様第一でお客様の仮面要するに素性は詮索するべきではないという考えを持っていて当然、新田とは最初うまくいかない。そんな火に油コンビ、凸凹コンビが事件を解決してくのがこの作品の1つの魅力だと思ってます。オムニバス的に次々と色んなお客様さんが来てそのお客さんの話が出てくるんだけど、それが一見関係ない事と思っててもそれが伏線になっててそれを全てつなげていく構成は流石の東野圭吾さん。 これって伏線だろうなぁって匂わせるのと、ああ!これがこう繋がってくるのか!って驚きをうまく散りばめるのが本当にうまくて。 一気読みした作品ですし、読みやすいのでとてもオススメな作品です。
マスカレード・ホテル (集英社文庫)

マスカレードシリーズ2作目であるマスカレード・イブ。これは新田と山岸がまだ出逢う前の話。毎度毎度東野さんの作品読む度に言ってるけど伏線が凄いし緻密さが凄い。前作と同様一見関係ないと思ってたところもえっえっそんなところが繋がってるんだ!と前に戻って読み返してあー!となる爽快感。1作目のマスカレード・ホテルをもう一度読み返したくなる内容で本当に上手いなぁとただただ感心してしまった作品です。マスカレード・ホテル引越しを気に売ってしまったんだよなぁ…シリーズ家に置いておきたいからまた書い直し検討かなぁ…

マスカレード・イブ (集英社文庫)

東野圭吾と言ったら、「卒業」「新参者」と言った加賀シリーズ、「探偵ガリレオ」「容疑者Xの献身」と言ったガリレオシリーズが作品が多く出てるかつドラマ化、映画化しているので有名なところでこの2シリーズは結構読んだんだけど、マスカレードシリーズは触れてなくて…今回読んでみるとまぁ面白かったです。マスカレードシリーズ3作目であるマスカレード・ナイトは発売から結構経ってるし、文庫待ちしてたんだけど、一向に出ないので痺れ切らして購入してしまったので読んだらまた感想書きます。こちらもすごく楽しみなやつ。
マスカレード・ナイト

そしてですね。来週1/18(金)に映画「マスカレード・ホテル」が公開するわけですよ。

この話を聞いた時そうだよね。やっぱり実写化するよねと思ってて、しかもキャストが新田役が木村拓哉さん、山岸役が長澤まさみさんと僕の中でぴったしなんですよね。どう演じてるか凄く楽しみです。キムタクは刑事役は僕の中では意外だったんですけど、今回で初みたいなんですよね。脇を固める俳優陣も超豪華で若干笑ってしまったやつ。公開したらすぐに観に行こうかと思ってます。