読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないときめきにマシンガンを

好きな事についてだらだらと

真夏の全国ツアー2016

自分は今年の全国ツアー
7/23 大阪 昼夜
8/6 名古屋
8/7 名古屋昼
8/13 仙台
8/14 仙台昼
8/18 福岡
8/19 福岡
8/28〜8/30 神宮バースデーライブ

率直に今年のツアーどうだった?と訊かれてもパッとこうだったって言葉が出てこないっていうのが正直なところ。

前回のブログでも言ったけど、今回のツアーは「挑戦」「イメージを壊す」と言った2015年追求してきた乃木坂らしさ以外の新たな一面をっていうのが大きいテーマだと思ってます。

やっと、僕の嫌いな変な出し物なしにツアーをやるようになったか!っていうのが最初の感想(ギガちゃんとか乃木恋とかありましたけど)

ユニットシャッフルに関しては、人気曲である「他の星から」だったり、当時のアンダー推しが思入れが強い「嫉妬の権利」だったり批判を覚悟の上での曲選だったのかなって思った。

僕は予てからユニットシャッフルして欲しかった人だから、このメンバーがこの曲をやるとこんな一面があるんだ!とかそういうのが見れて楽しかったです。

でも、やっぱりオリジナルメンバーには敵わないってのもやっぱり思った。(特に他の星からの万理華さん)

やっぱり、オリジナルの方がいいな!と思わせたらそれはそれで乃木坂の勝ちだと個人的には思ってます。

今回のツアーは赤チームと青チームに分かれたり、乃木恋企画で曲をやったり、例年のツアーと比べると全員でっていう色は強かったと思う。

この子ってこんなカッコいい踊りをやるんだ!とかこの子の振り大きくて好きだな!みたあたな新しい発見もあった。

この夏の全国ツアーは大阪から福岡までは桜井玲香ちゃんがいませんでした。

本当にいないと気づけないことって多くて。恥ずかしながら。

何時もの冒頭のMCとかこの曲のフレーズとかって色んな面で玲香ちゃんの存在の大きさを感じた。

そんな事を思ってたから、バースデーライブの時の玲香ちゃんを見てこれこれ!やっぱり玲香ちゃんがいないと!って思い知らされる事が多くて多くて。

彼女の大きな大きな穴を本当にみんなで埋めてたなぁ。MCにしてもパフォーマンスにしても。

何時もなら玲香ちゃんと一緒のフレーズなのに1人で歌ったり、不慣れなMCをやってみたり。

MCに関して言えば、毎度毎度違うメンバーがやったらいいんじゃないかなって思った。この機会に。正直力不足かなぁと思うメンバーもいたんですけど、それって余りにこれまで機会がなさすぎたかなっていうのもあると思うから。

今回のツアーで特に印象が強かったのが、生駒ちゃんと飛鳥ちゃん。

生駒ちゃんはMCは勿論歌割玲香ちゃんとの曲って結構あって。ずっと1人で歌ってて玲香ちゃんの帰りを待ってた。今回のツアーの座長である飛鳥ちゃんのサポートも。飛鳥ちゃんが言うように生駒ちゃんのタイミングって絶妙なんですよ。声のかけ方であったり、煽りだったり。

中田生誕での生駒ちゃんのおいでシャンプーの煽りは今回のツアーで結構印象に残ってる。

生駒ちゃんはサポート役に徹してた印象が凄い強かったんですけど、制服のマネキンなんかを見てると以前より凄みを増してる印象が強くてこの人は何時だって主役になれるなって思った。

それともう1人飛鳥ちゃん。

今回の地方のツアーを行ってる人であれば皆んな言うんじゃないかな。本当に本当に良くやってた、なんて言うと偉そうだけど、だって本当にやってたんだもん。

今回のツアーで終わりに必ず飛鳥ちゃんからの挨拶があって。それが生々しく凄い思い言葉。
これまでの彼女だったらこんなストレートに言葉を言ってなかったんじゃないかなぁ。そんな飛鳥ちゃんの言葉は今回のツアーを思い出すのにあたって必ず必要だと思ったから自分が入った公演は全て書き記した。それ位。

言うてまだ18歳だもん。凄いよ。

パフォーマンスにしても、僕が前を見てないだけかもしれないけど、以前より笑ってる飛鳥ちゃんをよく見るようになったと思う。

飛鳥ちゃんも自分で言ってたけど、飛鳥ちゃんが笑顔でいれば絶対に見てる側に楽しいは伝わるし、パワーが伝わると思った。

そんな飛鳥ちゃんを地方から見てきたから、神宮3日目の飛鳥ちゃんの涙を見て思わず泣いてしまった。

この夏で裸足でSummerが大好きな曲になった。

今回のツアーどうだった?って色んなメンバーから聞きたい。

僕は今回のツアーどうだった?って訊かれたらやっぱりうまく言葉にできないんだけどこれだけ間違いなく1つ言えるのがやっぱり乃木坂46が好きって事。

取り急ぎ。f:id:skyline05walking:20160831212759j:image




真夏の全国ツアー大阪、名古屋入って

予め断っておくとネタバレがあるんでもしそれが嫌な方はここでおやめくださいm(__)m




静岡の深川麻衣さんの卒業公演からスタートした真夏の全国ツアー2016ですが、7/22の大阪からまたセットリストをガラッと変えての再開となってます。


雑誌記事なんかを見てもどのメンバーも口に揃えて言うのが”挑戦”って言葉。

それがどういう事を意味してるかは蓋を開けてみないとわからない感じだったんですが、ツアーを見てみてまず第一に思ったのがユニットシャッフルを変えてきてるところ。

入った皆さんはまず目につくのがユニットシャッフルだと思います。

また、振付をオリジナルと変えてる楽曲も沢山あるんです。

このメンバーでこの振付だから良い!っていう人も大勢いると思ってるからそれを崩してきてるのは挑戦的なのかなぁって。

そこは意見が分かれると思うけど僕はこのメンバーがこの曲歌うとこんな風になるんだとか新しい発見があって僕は楽しくて好きです。

2014年、2015年と比べると純粋に歌と踊りで勝負してるなって感じはあって。

本編をしんみりじゃなくてテンション上がる曲を立て続けに4曲やるのも良かった。

だから、満足度は高いのかも。

逆に言うと気になるところも沢山あって。

今回のツアーは2ndアルバム、15thをシングルを提げてのツアーかと思っでたんだけど案外に曲数が少ない。

複数回ありきな感じになってるから一回だけっていう人にはちょっと寂しいなって思うのかも。

個人的にだけど、そんな表題良いんじゃないかなって。だったら、アルバム曲聴きたい。

今回のツアーの構内でそれぞれの椅子の青と赤で分かれて歌うってとこ、ソフトバンクのギガちゃんのとこ、乃木恋企画のあとのとこで着替えに時間がかかってるのか分かりませんがMC時間が長いのがちょっと気になる。

毎公演で仕切りのMCって違ったりするんだけど、跳ねるときは跳ねるけどダレるときはダレちゃう。

ツアーだからより多くのメンバーをって思惑でか分からないけど、MC長くするならソロ曲やっても良いんじゃないかなとも思うのかも。

だから、今回って2時間半近くはやってるんですけど案外に曲数が少ないので人によってはそこに不満な部分が出てきちゃうかも。

ここまで言うと不満ばっかりな感じで見られるかもしれないですが、ツアーは楽しいですよ。ただ、気になるポイントは正直に書いておいたほうが良いかなって。

今回のツアーは残念ながらキャップが体調不良のためいないんです。毎度オープニングMCはキャップがやってたんですけど、それを慣れないながらもみんなが埋めてる。逆に言うと今までそれだけキャップがMCを担ってたんだと思うと。パフォーマンスの面でも例えばおいでシャンプーだったり何度目の青空かでキャップと歌う生駒ちゃんが1人で歌ってたり、ロマンティックいか焼きでキャップのパートを西野さんが埋めたりこれからツアー入る人はそんな所を見て欲しいんです。MCはともかく歌とダンスの要ってやっぱり僕はキャップだと思ってるから早く元気な姿か見たい。今はただそれだけ。

井上さんがメールですごい良い事を言っていて頑張れではなくて力になってあげたいってなニュアンスの言葉をね。

今は真夏の全国ツアーはこんなに盛り上がってるんだよ。こんな沢山の人が来てるんだよ。こんな沢山の人が笑顔になってるだよって発信する事が何より僕は大事だと思ってるから、自分の楽しいを発信し続けたいです。

これから、また仙台福岡そして4周年と続くからくれぐれも体調には気をつけて欲しいなぁ。

ちょっと不満点もあげてしまいましたけど、僕は今んところまだまだ乃木坂46で新しい一面が見れると思ってるから仙台も福岡もそして4周年も楽しみにしてる。まだまだ乃木坂46は楽しい。

じょしらく弐〜時かけそば〜を前におさらい

いよいよ12日からじょしらく弐〜時かけそば〜が始まるのでちょっと色々とおさらいしておこうと思います。

まず原作の話からちょっと
ガールズ落語家漫画。作中で「この漫画は女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく漫画です。」とあるように、日常のどうでもいいことからネタを広げながら話を展開させていく。ウィキペディア参照

久米田先生が作品で他には勝手に改蔵さよなら絶望先生といった作品があって個人的にとってもシュールな世界観でとても好きなギャグ漫画家です。

前談にもお話しした通り落語漫画といっておきながら、アニメにおいてはほとんど落語のシーンは出てきません。笑f:id:skyline05walking:20160508145606j:image

乃木坂でじょしらくをやるのは去年に続き2回目です。

去年の話をさせてもらうと、原作をベースにしてはいるもののアイドルとはっていう話に寄せていて乃木坂46の為に川尻恵太さんが演出をしていたという印象です。


この話には5人のキャラクターしか出てこないんですけど、それぞれどんなキャラクターなのかっていうくらいは予習をしてもいいとは思うんですけど、基本的には予備知識なしで充分楽しめるんじゃないかなと思います。

自分は生でチーム ごをライブビューイングでチームら、くを去年観ました。今年もそうですが、全く同じキャラクターを演じてはいるのですが、チーム毎にそれぞれ色があって全チームみてそれぞれの違いを楽しむっていうのも1つの楽しみ方なのかなと思います。

ちなみに、アニメDVDはツタヤで借りられます。去年の乃木坂のじょしらくの舞台が観てみたいなという方はhuluに加入していただければ観ることが可能です。http://m.hulu.jp/m/?cmp=6364&gclid=CjwKEAjwpLa5BRCTwcXS6_rpvC4SJACTDQMMOR-JkuJ4MldBlufHnuo9atKxkVu8AnQPQMUDyLXK3BoCYkbw_wcB&wapr=572ed6a3

で、今回のじょしらく弐のお話。

まずはチーム編成と配役から
【出演者】乃木坂46 

◆暗落亭 苦来(あんらくてい くくる) 
◆空琉美遊亭 丸京(くうるびゆうてい がんきょう) 生駒里奈 佐々木琴子 樋口日奈
◆蕪羅亭 魔梨威(ぶらてい まりい) 
◆防波亭 手寅(ぼうはてい てとら)
◆波浪浮亭 木胡桃(はろうきてい きぐるみ) 鈴木絢音 渡辺みり愛 北野日奈子

去年のじょしらくに出ていたメンバーは、
チームらは中田、能條、松村
チームくは井上、佐々木
チームごは山崎、北野

その中でも去年と同じ役をやっているのが、苦来役の中田、丸京役の佐々木、木胡桃役の北野です。

今回初出演なのが、
チームらが生駒、鈴木
チームくがちはる、桜井、渡辺
チームごが新内、若月、樋口です。
f:id:skyline05walking:20160508153633p:image
舞台経験がある桜井、若月を始めとしたメンバーは勿論期待されるとこは多いですけど、僕が舞台で観たことないメンバーを観るのが個人的にはとても楽しみです。
乃木坂46新規なので、プリンシパルを観たことないもんで(°_°)

川尻さんのツイートや落語指導をしてる桂さんのツイートを見る限り今回のじょしらくも大きく二つの見所は去年と同様なのかなぁ。

一つ目が日替わりの創作落語、二つ目が劇中で歌われる歌です。

個人的には、去年のじょしらくの劇中で使われていた歌がとっても好きでサントラ出してくれ!と思ったくらいだったので今年も期待したいです。

自分がおさらいをしたいくらい感じだったのでこれくらいにしておきます。

感想やレポは千秋楽後にまた。





衛藤美彩さんについて

今日1/4は衛藤美彩さんの記念すべき23歳の誕生日なので、こんな時くらい衛藤美彩さんについてきちんと書こうと思う。

僕が初めてちゃんと衛藤美彩さんを知ったのは2014年の夏くらい。その時は乃木坂のメンバーで顔と名前が一致しているメンバーが指で数える程度しかいなかったんだけど、野球好きな子がいるんだ。衛藤美彩さんっていうんだ〜へぇーそれくらいの認識。だから、乃木坂だったら衛藤美彩さんがいいかなぁくらい。そんくらいの時期にMR.カミナリっていう舞台に桜井さんと一緒に出るっていうのが決まってかつ三宅さんの舞台だから間違いなく面白いだろうから、申し込みが始まって行ってみるかって足を運んだのがすべてのはじまり。

そん時は本当に知識がなかったもんだから、衛藤美彩さんがこんなに歌が上手いと知らなくてMR.カミナリをみてあーこんなに歌が上手いんだこんな綺麗な子がいるんだと惹かれてしまっている自分がいた。f:id:skyline05walking:20160103162920j:image

で、感想を言うくらいのつもりで11月の握手会に初めて行くわけですが。繰り返しますが、そん時の乃木坂46の僕の知識は本当にライトでどちらかというとAKB48の方がよく通っていたのです。だから、衛藤美彩さんが地引網漁みたいな握手をやるとは知らんかったのです。。。

ただ、握手会対応が良いというだけでは現在まで推していないです。

先程の通り2015年の初めはまだAKB48もまだ行っていてどちらかと言うと広く浅くなオタクだったんですけど、2015年の初めにAKBと乃木坂のアルバムが同じタイミングで出てどっちかを選択しなきゃいけなくて乃木坂を見てみようと思ったのが1つのターニングポイント。

握手会で地方とか出るような人ではなかったのに、地方に出てまで会いに行きたいと衛藤美彩さんが初めて。

衛藤美彩さんの握手会での魅力って釣りだとかそういった事ではなくて、パッと人を見て即時に判断ができること。こっちの期待以上の返しをできること。根底に人を楽しませたいところがあって。だけど、嫌なもの嫌と言える。たまに、どっか抜けてる。だから、飽きないんですよね。

衛藤美彩さんは人情に熱い部分もまた1つの魅力。1つ話を。
透明な色 名古屋個別握手会でのこと。この握手会でラストだった同郷の畠中の為にこの握手会は歌衣装だったんだけど、透明な色の握手会通じても最後の部でお姉さんチームで畠中の選抜曲であるおいでシャンプーの衣装を着ようと衛藤が呼びかけて畠中を送り出そうとそんな事をする一面も。
f:id:skyline05walking:20160103210524j:image
衛藤美彩さんの魅力っていうのはこんな1オタクのブログでは伝えきれないんですよ。貪欲で上を向いていてだけどどこか不器用で。先ほども言った通り2014年の下半期に衛藤さんのことを知ったので衛藤さんのアンダー時代は僕は知らないです。それが後ろめたいと思った事もありますが、その分今をキチンと見ていきたいと思う。

2015年はじょしらくではまりーさん、初森ベマーズではシェリーちゃんと演じている衛藤美彩さんを見れて楽しませて貰ったんですけど23歳の年も舞台での衛藤美彩がみたい。もっと言うとミュージカル。

また、お酒キャラといった新規キャラ開拓、13thでは初のフロントと22歳の年は楽しませてもらえました。

衛藤美彩さんが年内最後の握手会で私にもっと良い景色を見せますから!と心強い言葉を頂いたので23歳の年も衛藤美彩さんが良い景色を見れるように応援してファンの皆さんと一緒に楽しめればいいなと思う。

2015年の全国ツアー 福岡で高熱ながら無理してステージたったりとかそういった頑張っちゃう一面があったりとマネージャー面としては心配な一面もありますが、衛藤美彩さんのファン”みさみさーくる”の皆さんは良い人ばっかりなので時に苦しい事があったら頼って欲しいですなぁ。

23歳の衛藤美彩もさらなる飛躍を楽しみにしてます。お誕生日おめでとう。

舞台での桜井玲香さんについて 後編



3日坊主で飽き性な自分が本当に情けない、!

前回のブログから1カ月以上経ってしまっていた…

2015年の10月に桜井さんが出演した
「すべての犬は天国へ行く」
ナイロン100℃のケラリーノ・サンドロウィッチのシリアスコメディーというきちんとした原作があり上演されていてかつ外部の女優の方々もいて内容としてもかなり乃木坂46にとっては挑戦的な内容でした。
f:id:skyline05walking:20160102155531j:image
桜井さんはキキ/ボレーロと男装役含め1人で2役こなすというなかなかの難しい役どころでした。f:id:skyline05walking:20160102155933j:image
f:id:skyline05walking:20160102155944j:image
ここで、この舞台が終わった後の桜井さんのコメントを見てみたいと思います。

桜井「すごく楽しかったです!舞台で遊ぶというか、自分のやりたいことを自由に出来たという感覚があって、周りのスタッフさんや共演者の方にもお世話になって、とてもいい経験をさせてもらえたなと思います!」

この舞台はシリアスコメディーという言葉の通り笑わせるポイントが沢山あって、その中でも桜井さんのポジションって結構大事で。

その中でもこの桜井さんの言葉の通り舞台で遊ぶっていう表現が正しいと思っていて観ていて楽しんでいるんだろうなってというのがとてもよく伝わった。

具体的な舞台な内容がどうだったかは書いている僕があまりに知識と観る目に乏しいので割愛しますが、この舞台は普段舞台を見慣れない人間にとってそういう意味でもかなり挑戦的な内容でした 汗

ただ、この舞台を通じて桜井さんがでる舞台ミュージカルはきちんと観に行こうと私に決定づけたのは確かです。

また、この舞台ではリハーサルがかなり長い時間を共有していたことによって出演していたメンバー同士で仲良くなったようで。この時くらいから生駒桜井という僕が最近好きな二人組が急速に仲良くというか仕事上での関係がより良いものになっていったみたいね。

また、出来としては正直まだまだだと思うけどプリンシパルで苦手意識を持っていたメンバーが犬の舞台に出る事によって舞台って楽しいって思えたようでそれもまた収穫なのかなと。

このすべての犬は天国へ行くからわずか1カ月後桜井さんはリボンの騎士に出る事になる。この10月から11月の期間どれだけ大変だったのか。想像もできない。

リボンの騎士での桜井さんの役所は悪魔の娘っていう役で。
f:id:skyline05walking:20160103131439j:image
リボンの騎士はミュージカルだったので、当たり前なんですけど歌をきく機会が沢山あって。桜井さんの歌う曲は他の役所と違ってカッコいい曲で。

あんなに楽しそうにあんなにかっこいい桜井さんのヘケートを見れて心が躍ったし、桜井さんは歌を歌ってる時こそやっぱり輝いている。それを再認識させてくれたミュージカルだった。

僕は東京1回大阪2回観にいったのですが、桜井さんははいだしょうこさん演じるヘル夫人と親子関係だったのではいださんと歌う場面が多くあって。はいださんって宝塚だけあってやっぱり圧倒的なんです。正直、東京公演では桜井さん圧倒されてるかななんて思ったけど大阪では張り合っていたように思えました。
進化しているだなと常に。
こんなはいださんみたいな実力ある人と共演できたのって桜井さんをまた一個上に上がらせてくれたと思うのでとてもありがたい話です。

はいださんは桜井さんについてブログでこう語っていて、
はいだ
はじめははじめての母親、だから、気持ち的にむずかしい部分もあるのかな。。。と思ったけど、
今は、すっかり母の気持ちニコニコニコニコドキドキドキドキドキドキ
娘の玲香が甘えてくれるニコニコキラキラ
かわいくてしょうがないニコニコキラキラ
それも、不器用にニコニコニコニコドキドキ

本当に乃木坂46は今回に限らず共演者に恵まれているなって思います。

桜井さんはリボンの騎士ヘケートについてカーテンコール時にこう語っています。
桜井「皆さんありがとうございます。私が演じるヘケートは楽しかったり、嬉しかったり、喜んだりっていう感情がわからない子です。私が今回ヘケートを演じるにあたり1つの目標を立てました。それはヘケートちゃんで愛情を与えることです。東京から通じて沢山のお客さん愛情を与えてもらいました。また、カンパニーの皆さんにも沢山愛情を与えてもらいました。私が演じるヘケートちゃんに愛情を教える事ができたんじゃないかと思います。本当にありがとうございました。」
リボンの騎士はもう一回くらいみたいなって思えるほどよかったなぁ。
”悪魔の娘よ文句ある?”ってフレーズは未だに忘れられませんもん。

なんか全然よくまとまらない文章になっちゃったけど、要するにアイドルとしてステージで歌ったり踊ったりする桜井さんも勿論好きですが、舞台上での桜井さんも好きということ。

2016年機会があるといいなぁと思います。



舞台での桜井玲香さんについて 前編

乃木坂
まず、このブログを万が一読んで頂けてる方に訴えたいのはこのブログを書いてる人間は桜井さんの推しではないです。

そこはご了承くださいm(__)m

来週からリボンの騎士大阪公演が始まるということで、我らがキャプテン桜井さんのそれも桜井さんの演技について好きなところを書いていきたいと思う。

まず、前談として僕が好きな桜井さんのところはまず笑顔です。あの目がなくなる感じがとても好きです。小動物のような愛くるしさも好きです。f:id:skyline05walking:20151126190022j:image

僕が思う桜井さんは自分が感じた事をそのまま受け取ってそのまま解放するイメージ。それが良いか悪いかは別としてw

だから、偽りを感じないしだから人間味も出てくる。だから、乃木坂46のキャプテンなのかなと。

この話はこれくらいにしておいて

桜井さんの演技を好きになったきっかけは、2014年11月に上演された三宅裕司さんを中心とした劇団SETの舞台「MR.カミナリ」だ。

f:id:skyline05walking:20151126190044j:image
当時乃木坂46に関して言えばとりわけ推しもいなかったし桜井さんのことも正直どんなキャラクターというのも知らなかったんです(°_°)

まあ、そこでよくこのチケットを取ったなと思いますが、、

三宅裕司さんがやっている舞台に乃木坂46のメンバーである桜井さん、衛藤さんが出るのであれば絶対に楽しい!となんの根拠もない自信があったんですね。きっと。

MR.カミナリは舞台はSETがミュージカルアクションコメディをってうたっているだけあってコメディだったのですが、ちょっとした動きであったりそういったところも凄く可愛い。桜井さん本当に可愛いな!って。

MR.カミナリは舞台とうたってはいますが、歌も凄くあって桜井さんの舞台映えする歌声はライブステージとはまた違う良さがあって。桜井さんの歌声ってこんなに魅力的なんだと再認識というか初めて知りました。


この舞台をきっかけに桜井さんのでる舞台ミュージカルは絶対全部観に行こう!と決心したのです。

で、一旦ここでおしまい。


後半はまた時間ができたら書きます



46HOUSEに参加して

46HOUSEそれはどう説明したらいいんでしょう。乃木坂46に惹かれた理由として楽曲をあげる人って少なくないと思うんです。46HOUSEの主催者である人達は勿論各々推しはいると思うんですけど、乃木坂46の楽曲に惹かれて乃木坂46の事を好きになったんだなと思います。

そういう人達はそもそも乃木坂以前に音楽が大好きなんです。そういった人達が主催しているので乃木坂の楽曲ってこんなに素晴らしいんだよ。音楽ってこんなに楽しいんだよって趣旨があるのかなって個人的に思いました。

だって、凄いんですよ。言ったら見ず知らずの顔も知らない人達が乃木坂の楽曲を流すだけで一緒にウリャオイできる。こんなに凄い事って実はないですよ。

あー乃木坂46ってやっぱりいいね。音楽ってやっぱりいいねってならざるを得ささんないですよ。

46HOUSEは夏に一回やって今回11月で2回目入場規制になるほどの大盛況。

私は初めての参加だったんですけどその熱量というか言葉にうまく言えないけど圧巻でした。

みんながみんな乃木坂46の楽曲が好き音楽が大好きなんだなと。じゃないとあの一体感は生まれない。

DJとバンドと踊りと盛り沢山。

今回はクイズ王の古川かんだったり他の星からの作曲者であるsugaya BRのお兄さんも。sugayaさんのDJは流石としか言えません。

今回の46HOUSEみたいなイベント。
こういったイベントを通して乃木坂46って改めて良いグループなんだなと再確認しました。

また、こういったイベントをやることによって乃木坂46が盛り上がりますよね。

言い方悪いですけど、少人数だと内輪なんです。でも、みんなを巻き込めば良いんです。

こんなに楽しいことないです。

手のひらをあげてクラップしたり、ケチャしたりすればコミュニティができる。
みんなが仲間になれる。

そういった素晴らしいイベントだと思うので3回目の46HOUSEも期待してます 笑

作曲者読んでしまったので次は乃木坂の主軸もあるので次は映像と音楽で魅せていきましょう。(だいぶ勝手なこと言ってますw

ちょい短いですが酔っ払いの勢いで衝動的に書いてるので許してチョンマゲ。