読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないときめきにマシンガンを

好きな事についてだらだらと

ミュージカルが苦手

ミュージカルが苦手

 

その答えはアニメ映画

”心が叫びたがってるんだ”

の劇中でも出てくるんですけど、

なんで、セリフ途中でイキナリ歌いだすのかわからない。どうもそのテンポが苦手というもの。

 

僕が初めてミュージカルに触れた記憶が残っているのは王道中の王道サウンドオブミュージック。

f:id:skyline05walking:20170111205254j:image

 

なんか、その時に多分なんでイキナリ歌いだすんだっていう幼少の記憶がずっとずーと生きてしまっていたんだと思う。

 

と勝手にミュージカルは苦手と敬遠していた僕が馬鹿だったなって。

 

ミュージカルに触れる手段は沢山あって、舞台を観に行ったり映画を観たり。

 

ミュージカルに関してはあまりに無知すぎるのでこんなに素晴らしいんだよ!ミュージカル!って作品があったら教えて欲しいくらいです。

 

なんで、こんな話をし出したというと、僕、乃木坂46衛藤美彩さんってメンバーが好きなんですけど、彼女が2017年の目標のひとつとしてミュージカルに出たいって言っていまして、応援してる身としてはそんな彼女の目標を応援したいし、僕自身もっともっとミュージカルに触れていきたいというのがあります。

 

世間的に考えて、乃木坂46は2015年から2016年、2016年から2017年と着々と名をあげるようになったとは思います。

 

まぁ、乃木坂46を応援しているから完全な客観的な目線では見れないのだけど。

 

一般的にというか、舞台が好きな人もっというと舞台をキャスティングする人が乃木坂46のメンバーを知ってるのかというのが個人的にすごく気になる所。

頭ひとつ抜けてるのがやっぱり生田絵梨花さん。

 

彼女は、虹色のプレリュード→リボンの騎士ロミオとジュリエットレミゼラブルと着実に舞台に出演しています。

 

自分はリボンの騎士しか観ていないんですけど、やっぱり選ばれるだけあるなと思います。

 

兎に角僕が生田絵梨花さんが凄いと思うのは彼女って相当ストイック。努力してます!なんて決してそんなアピールしないし、弱音は後々のインタビューではきつかったってニュアンスを語る事もありますけど、期間中については全然吐かない。

 

元々がミュージカルに出たいというか、将来的に目指してるから何より楽しいんだと思う。

 

それが全面的に出ていてみててこっちも楽しい。

 

ロミオとジュリエットは観る機会がないのでレミゼラブルはみたいな。

 

乃木坂46のっていうグループに所属している以上はこれは仮定の話だけど、乃木坂から誰かキャスティングするかとなる。じゃあ誰を選ぶかってなる。だから、そういう意味ではみんながみんなライバル。

 

井上さんだったり桜井さんだったり樋口さんだったりと。

 

衛藤美彩さんに関しては、2014年に三宅裕司さん主宰のSETの舞台”Mr.カミナリ”以降出演してないことになるので(外仕事っていう意味では)

そろそろみたい。

 

自分は衛藤美彩さんのことを好きになったきっかけがこのMr.カミナリっていう舞台だったから。

 

恥ずかしながら、乃木坂46を応援してなかったから、舞台やミュージカルって自発的に観るってことを絶対にしなかったと思います。

 

舞台ってナマモノだし、日によって違う。

 

舞台ならではの輝きなんとも抽象的な表現だけど、みれるからとっても好き。

 

タイミングが合えば行くようにしてる。

 

2017年は少しでも触れる機会を増やせたらいいなぁ。

 

タイトルと内容がだいぶ違いますけど、これも心が叫びたがってるんだの劇中で出てきますけど、歌に乗せれば気持ちを言える。

 

あゝなるほどなって。

 

ミュージカルの魅力って正直な所まだまだわからないんだけど、だからこそもっともっとミュージカルの魅力っていうのを探求したい欲がある。